山西内科(内科・循環器科・呼吸器科):兵庫県神戸市西区・学園都市にある内科医院

山西内科 電話:078-795-8600 



文字サイズ変更:


当院は、学園都市という住宅地域にある内科医院です。

周辺の皆様のかかりつけ医(総合内科専門医)として循環器疾患などの生活習慣病を中心に内科的診療を通じて健康維持や自立支援のために診療を行っています。
診療内容の詳細はこちらから >>>>


初めて受診される患者さんへ
診察は予約なしで受付け順にいたします。緊急の患者や体調不良の患者さんがおられる時には診察の順番が前後することがありますのでご容赦ください。


長い病歴や他の医療機関にかかられている方へ
経過が分かるようにメモ書き、或いはお薬手帳、検査結果、紹介状などがありましたらご用意ください。診察がスムーズに進みますのでご協力お願いいたします。

当医院からの新しい情報は下記の院長からのお知らせを是非ご覧下さい。 
こちらから>>>>>


午前9時〜12時/午後4時〜7時[休診] 日曜日・祝日・木曜と土曜の午後 地図はこちら 駐車場有り
【山西内科】 〒651−2102 神戸市西区学園東町3丁目2-5

▼ 当医院花壇の花木の様子は こちら をクリックしてご覧ください


 院長からのお知らせ


【正月休みのお知らせ】平成30.11.1
正月休みは12月29日(土)〜1月3日(木)です。
【インフルエンザワクチンのお知らせ】 平成30.10.15
今年もインフルエンザワクチンの接種が始まりましたのでお知らせいたします 1月末までは接種は可能ですが年内に流行する可能性がありますので出来るだけ1回目接種は12月中に済ませてください。同時に肺炎球菌ワクチンも接種可能ですので合併症のある方や高齢の方は検討して下さい
【最新の健康読本の紹介】  平成30.6.10
話題になっている健康本は基本的には勧めていませんが今年になりマイルドな糖質制限をベースにした食生活を網羅的にアドバイスした本が出版されましたので紹介します。テレビも取り上げてやや一時的にブームになっていますが内容はかなり精査され良いとこどりしている印象です。参考にしてください。:::: 医師が教える食事術 最強の教科書 ダイヤモンド社 牧田善二 著
【認知症の最新情報】  平成30.6.10
認知症の進行危険因子が国立精神神経研究センターから6月発表されました。 半年間に認知機能低下進行した程度は日常生活活動量、抑うつ、慢性的疼痛、聴力障害、糖尿病の既往に関係するとの結果です。これら高齢者によくある事象を適切に、つまり社会参加、交流、鎮痛処置、補聴器、傾聴が大切ということです
【 2種類の肺炎球菌ワクチンについて】 平成29.2.13
  65歳以上を対象に肺炎球菌ワクチンの定期接種がはじまりましたが行政から個別に通知があっても接種されなかった方がかなり多いようです。指定期間外の接種は自費になりますが出来るだけ接種される方が肺炎になりにくいうえ重症化も避ける事が出来るようです。いつでも随時、ワクチン接種が出来ますので申し出てください。
【 善玉コレステロールが最も大切】 平成28.1.16
 国立循環器病センターの最新の報告によると動脈硬化の強さを示す最も良い指標は善玉コレステロール(HDLコレステロール)の値やその機能であることが明らかになりました。その改善には運動、減量、禁煙など生活習慣がとても有効であることが判明しており、現在使用できる薬剤による効果は限定的です。もちろん悪玉コレステロール(LDLコレステロール)も大切ですがこれにだけ目が奪われないよう注意が必要です  。
【認知症の予防のため 】 平成27.9.5
 血管硬いほど、認知症の危険…リスク約3倍。  血管が硬くなるほど、認知機能の低下が起こりやすいとの研究結果を、東京都健康長寿医療センター研究所のグループがまとめた結果です。    高血圧、糖尿病、高脂血症などが脳動脈硬化を引き起こし認知症の危険度を高める事が分かっています。是非、認知症の予防のためにも治療を継続してください。
【 糖質制限食で肥満と糖尿病を改善 】平成26.7.6 
 糖尿病の人や肥満・メタボリックシンドロームの人に大変わかりやす食事療法。それがアメリカで始まった『糖質制限食』です。血糖値を上昇させる唯一の栄養素が糖質(炭水化物)であり血糖を上昇させてインシュリンを出す膵臓に負担をかける糖質の摂取を出来るだけ少なくして、食後高血糖を防ぐのが糖質制限食の考え方 です。簡単に言えば、主食を減らしておかずを中心に食べるというイメージになります。 複雑なカロリー計算から解放されかなり自由に食事摂取できます。極端な糖質制限は問題がありお勧めしていませんがカロリーベースで糖質割合が40〜30%程度の制限は安全でとても有効です。今まで肥満や糖尿病がうまくコントロールできない方で実施を試したい場合には具体的に指導しています。
           

copyright YAMANISHI-NAIKA